スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後9回目の検査です。

11月30日(水)の泌尿器科診察時にCT検査を受けました。
PSA値は0.08と10月の0.04から倍増でした。
久し振りの主治医からの説明では、膵臓ののう胞が以前より大きくなっているので、
同一病院内の肝・胆・膵センタに紹介状を書くから、そちらを優先するように言われました。
それから、診察までの2週間余りは苦しい日々でした。
6ケ月ごとの肝・胆・膵センタ定期診察に合わせ、昨日(12月14日)、膵臓の検査に行きました。
CEA:1.9、CA19-9:3.1で血液検査に異常はなく、腹部CT検査も問題が無い結果に、ホット胸をなでおろしました。
大きく写ったのは、輪切りなので診る位置で測定誤差も出るそうです。
診察時は恐怖におのおき、足もがたがた震えていました。
膵臓ガンは自覚症状が出たあとには、殆ど助からない・実兄も膵臓ガンで亡くなっているので、大変なプレッシャ-
でした。前立腺ガンの術後も健康に気をつけていたので、今後も同様に規則正しい生活を続けようと思います。
来週の水曜日に主治医と放射線の先生を交え話した後、年明けから放射線治療に入る予定です。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。